口座開設

FXと株ってそもそも何が違うの?

今最も注目されている資産運用方法と言えばFXを挙げることが出来ます。
インターネットが普及してきた現在、次々とトレード初心者がFXに参加をしています。
それだけ一般的なFXですが、気になるのは株との違いです。

FXと株の違いについてまずは勉強しておくようにしましょう。
両者の最も大きな違いとしましてはマーケットの規模となります。
東京証券取引所における一日の取引高が2兆円を超えてしまうことはほぼありませんが、外国為替市場というのは約200兆円とも言われているのです。

これだけの大規模な金額となってしまいますと、一つの国の金融当局がどんなに為替介入をしたとしても、為替レートに全く影響が無いこともあります。
その一方で、株の場合には、買いや売りが集中をしてしまうと、大きく変動することになり、FXのトレードには存在しない「ストップ安」「ストップ高」により、取引が停止になってしまうこともあります。
このような値動きの裏側では、一般の投資家ではそう簡単に入手をすることの出来ない極秘情報というものがあり、結局はプロとの差が大きくついてしまうことになります。

FXの場合には、経済指標が最も重要な指標となりますが、これについては一般の投資家だったとしても、ほぼ同時のタイミングで入手をすることが出来ることから、プロとの差が株とは異なりほとんど見られないのです。
さらに取引銘柄の種類についてですが、FXトレードに適している通貨に関しては数種類となっていますが、それに対して、株の銘柄というのは400以上もあります。
もし保有をしている株の数が増えてしまうことで、その分だけ情報収集に必要な時間も多くなってしまうことになり、結局は投資家にとっては大きな負担となるのです。
またFXは24時間取引をすることが出来ることに対して、株の場合には、9時から15時の間のみの取引となります。
いつでもどこでもインターネット環境さえあれば、取引をすることが出来るのがFXの魅力の一つでもあります。

Copyright(C) 2013 取り引きに大切な知識 All Rights Reserved.